☆短詩2「虹の七色」☆

星達が消えそうで消えない
夜明け前の紫色の空の下


藍色の鳥たちが海へ飛び立つ


やわらかな光で
大気が青く震え目覚める頃


丘の緑を濡らす夜露が
静かに静かにきらめいて


黄色の花びらは高らかに歌い


橙色の果実は甘い香りをふりまいて


情熱の赤をまとった流麗なあなたに
そっとそっと呼びかける




今日もあなたに会えて良かった


いつでもあなたの味方
[PR]

by sho-rinji | 2013-09-02 01:10 | 短詩 | Comments(2)

Commented at 2013-09-07 18:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-09-08 09:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。